radio transmitter

送信機

【ドローン送信機(プロポ)】マイクロドローンやレースドローンにおすすめのプロポ

マイクロドローン(Tinywhoop)やレースドローンで利用するプロポ(送信機)は数多く存在しますが、ドローンなどの機体とは異なる機器である為に、落としたりしない限り壊れる事はほとんどありません。

また、フレームやプロペラ、モーターなどはより高いパフォーマンスを求めて繰り返し購入しますが、プロぽ(送信機)は購入した製品を長期間利用する事になる為、最適なプロポへ投資する事をおすすめします。

では、私がおすすめするマイクロドローンやレースドローン用のプロポをランキング形式でご紹介しますね。

マイクロドローンのプロポ(送信機)の選び方

初めにマイクロドローンやレースドローン用のプロポの選び方の注意点からご紹介しておきます。それほど多くはありませんので、ポイントだけ理解すれば問題ありません。

プロポ(送信機)とドローン(受信機)の通信方式

プロポの通信方式

プロポ(送信機)から電波を発信し、ドローンに取り付けた受信機がその電波を受信してドローンを操作する事になりますが、その電波の通信方式(プロトコル)には色々な種類が存在しています。

現在、日本で主流となっている通信方式は、Frsky、Futabaの2種類だと思って貰って問題ありません。また、ほぼ全てのプロトコルを利用可能な仕組みとして「マチルプロトコル」という送信機が存在しています。

どれにしようか迷ったら「マルチプロトコル」を選択すれば間違いはありません。

プロポ(送信機)の操作方法(モード)

プロポのモード

プロポ(送信機)の操作方法にはモード1、モード2の二つのタイプが存在し、どちらのプロポを購入するのかを決める必要があります。

今まで日本ではラジコン機の場合にはモード1を選択する事が多くありましたが、現在マイクロドローンを含む多くのFPVドローンパイロットは、直感的に操作可能なモード2を選択しています。

もしモード2を選択した場合でもモードを変更したいときは心配する必要はなく、多くのプロポではジンバルの左右を交換する事でモードを変更する事が可能です。

注意ポイント

モードの変更が可能なのはあくまでもFPVドローンで利用するプロポの事となり、トイドローンなどではモードの変更は出来ない点に注意して下さい。

技適マーク

プロポ(送信機)は所謂、無線機器に該当しますので、日本国内で利用する為には技適マークが示されているプロポを利用する必要があります。万一、違反した場合には罰則が設けられていますので注意しましょう。

技適マークの詳細については「総務省のホームページ」を参照して下さいね。

総務省 電波利用ホームページ

ジンバル

プロポ(送信機)を購入する際にはホールセンサージンバルを採用しているを送信機を選択する事をおすすめします。(ジンバルとはスティックの根元の機器構造の事です。)

但し、一部のプロポではジンバルを交換する事が可能です。例えばTaranis X7などのプロポの様にMODが用意されている場合には、皆さんはジンバルを交換する事が可能です。

ホールセンサージンバルはより滑らかな操作性、耐久性、そして操作精度を提供します。

ポイント

ホールセンサージンバルは操作性にはあまり変化がないとの意見もあります。海外と日本ではホールセンサージンバルの操作感についての意見が相違しています。

マイクロドローンやレースドローンにおすすめのプロポ

Jumper T8SG V2 Plus carbon(技適・マルチプロトコル)

「Jumper T8SG V2 Plus Carbon Special Edition」はエントリーモデルのドローンプロポとして有名です。

日本では相当な量が売れましたので、プロポの設定情報などが豊富な点が魅力的です。また、マルチプロトコルとなりますので、多くの通信方式に対応している事も優れたポイントとなっています。

しかしながら5インチレースなどを主体として活躍するドローンパイロットなどの上級者用のプロポとしては物足りなさを感じざる終えません。低価格なプロポですので、1〜2年程度利用し上達した場合には次のモデルを検討する事になるかと思います。

Jumper T16 Plus transmitter(技適・マルチプロトコル)

JumperT16 Plusはカラー液晶モニターを採用した少しオシャレなプロポです。

日本製のプロポとして有名な双葉製の形に非常に良く似ている事やカラーモニターを採用している事もあり非常に人気の高いプロポとなっています。

通信方式もマルチプロトコルを採用していますので、利用に困る事は無いでしょう。唯一の欠点としてはフルモデルサイズ(大きいサイズ)のプロポの為に、手が小さい方には向かないプロポかも知れません。

FrSky Taranis X-Lite Pro

「FrSky Taranis X-Lite Pro」はまるでゲーム機の様な見た目ですが、性能としては申し分なく小型の為に持ち運びにも便利です。

日本だけでなく海外でも非常に人気の高いプロポで多くの方が利用しています。ホールセンサージンバル、高度にプログラム可能なファームウェアのOpenTXを採用し必要な事は一通り対応出来ます。

欠点は技適ではない為に別途「マルチプロトコルモジュール」の購入が必要な事くらいでしょう。最近では私も「FrSky Taranis X-Lite Pro」を利用する様になりましたがとても満足しています。

尚、あまり知られていませんが、スティックバネの硬さ調整やスティックエンドの交換も可能です。

Frsky Taranis Q X7 Transmitter

「Taranis Q X7 Transmitter」は海外のマイクロドローンパイロット中で最も人気のあるドローンプロポの内の1つです。

このプロポはTaranis Q X9Dよりも少しだけ低価格ですが、性能面ではほぼ変わらず、テレメトリーなどのドローンパイロットが必要とする全ての機能を利用出来ます。

欠点は技適ではない為に別途「マルチプロトコルモジュール」の購入が必要な事、またホールセンサージンバルを採用していない事ですが、ジンバルについてはアフターパーツ(MOD)を購入し交換する事が可能です。

プロポは高度にプログラム可能なファームウェアのOpenTXを採用。初期設定は理解するまで苦労もあるかと思いますが、ドローンパイロットが必要とする機能を網羅しています。

まとめ

日本でプロポを利用する為には、まず「技適マーク付き」を選択する必要がある為に極端に安価なプロポを購入する事はありません。

ドローン用のプロポは一度購入すれば長い期間利用する事が可能ですので、ベストな選択をする事で最高のコストパフォーマンスを発揮する事が可能となります。

-送信機
-

Copyright© Drone倶楽部 , 2020 All Rights Reserved.